MENU

ペットくすりを利用する前にこれだけは知っておきたい!という事

ペットを飼っていると、病気になったりする事が時々あります。
放置しておくと悪化してしまう事があるので、まずは様子がおかしいと思ったらすぐに病院に行く等して適切な処置をしてあげましょう。
ペットは自分で話すことはできないので、飼い主・家族が様子をよく見て異変に気付く必要があります。
また、ペットは体質によっては定期的に同じような症状で苦しんでしまう事も少なくありません。
例えば皮膚炎等は、気候の変化によって起きてしまう事もあります。
以前と同じ症状だという時は、病院に行かなくても薬を飼い主が購入して利用する事が可能です。

 

ただ、人間と同じに見える症状でも、ペットに人間用の薬を与えるのはいけません。
中には本当にその薬で適している場合もありますが、時には肝臓に負担をかけてしまう事も少なくありません。
だから自己判断で飲ませるのはとても危険です。

 

なるべく安全に薬を与える為にも、まずはペット専用の薬を利用しましょう。
また犬用を猫に与える、またその反対は体質で合わない事もあり注意が必要です。
まずは品種専用の物を探すべきです。
ペットくすりなら目的別、犬・猫の別で商品を検索する事ができるので、よりペットの状態に合っている薬を選ぶ事ができます。
ちなみに、今までペットに薬を与えたことがないという人は、まずは病院で相談してみるのも良いでしょう。
そして、どんな症状の時はどの薬を利用するか、さらに自分のペットに合う投与量はい一体いくらかをまずは知っておきます。
そうすれば急に調子が悪くなった時等にも、適切な対応が出来るでしょう。

 

ただ、以前の薬を利用する時は、使用期限に注意する必要があります。
あまりにも古い物は変質している事があるので、期限が表記されていない物でもいつまでも使って良いわけではありません。
ペットくすりでは、使用期限が6か月程度ある物が届きます。
期限まであとわずかという物が届く事はないので、届いたけれど使い切る前に期限切れとなってしまうという心配は不要です。
半年ほどはもちますが、保管方法には気を付けましょう。

 

基本的には高温・多湿を避けるべきです。
人間用の海外医薬品の個人輸入として有名なサイトはくすりエクスプレスですが、それと同じ位有名なペット用のサイトはペットくすりになります。
分からない事が出てきた時等は、電話での相談にも乗ってくれます。

 

また取り扱っている商品は海外医薬品ですが、品質、さらに安全性に関しても問題がありません。
既にUSFDAまたはWHOcGPM認可となっているので、安心してペットに与える事ができます。
とは言っても、ペットは体が人間よりも小さいのでより薬の成分の影響を受けてしまう事も少なくありません。
 ペットくすりで医薬品を購入する時も、分からない事があったらサイトそのものに相談するか、動物病院に連絡して聞きましょう。そうすれば正しく薬を使えるので、ペットを危険な目に遭わせる可能性が減ります。

 

公式サイトのご案内

「ペットくすり」で検索すると、宣伝サイトがうざくなってきているようです。
ペットくすりの公式サイト⇒ペットくすりとは?
上記のサイトをブックマークなりしておくと便利ですよ、クーポンコードなどもいち早く掲載してくれる良心的なサイトです
有名さサイトなので、すでに知っている人は多いとは思いますが紹介しておきます。